Nintendo EVERY

任天堂の話題をお届けします。

    任天堂に関する話題をお届けします。

    カテゴリ: Nintendo Switch

    DA2BC457-4627-4A89-9810-D8778EF212D5

    任天堂は4月20日、Nintendo Switch向けに「システムバージョン12.0.1」を配信開始した。

    前回のメジャーアップデート12.0.0に引き続き、ドックのBluetooth機能に関する更新が追加されたことがハッキングによって判明した。

    このBluetooth機能については、今後発売が噂されている新型スイッチ向けに搭載されると見られる。

    関連記事:


    F2B7CE1D-550A-4F18-986B-B768BE8DD433

    『New ポケモンスナップ』のディレクターを務めるバンダイナムコ・須崎春樹氏によると、2016年に発売した『ポッ拳』をきっかけに本作の企画が始まったようだ。

    須崎氏は、2016年に開発を担当した『ポッ拳』で「バンダイナムコの強みを活かした表現方法でポケモンの新たな形を伝えられた」と語る。

    野生ポケモンの生態を調査する『New ポケモンスナップ』では、ポケモンの生態環境から細部への作り込みを徹底し、Switchの限界を最大限に引き出したワクワクするような世界観を目指したという。

    Nintendo Switch『New ポケモンスナップ』は、2021年4月30日発売予定。

    『New ポケモンスナップ』公式サイト:https://www.pokemon.co.jp/ex/newpokemonsnap/

    ソース:https://www.ign.com/articles/new-pokemon-snap-was-given-to-bandai-namco-because-of-pokken-tournament

    5DD01D6A-143C-43F4-953B-B9C710192F49

    コーエーテクモが開発を担当した『バディミッション BOND』について、任天堂の「恋愛ゲーム」として企画されていたことが分かった。

    本作は任天堂が企画、コーエーテクモが開発を担当したタイトルで、任天堂は当初「恋愛ゲーム」を想定していた。

    しかし、任天堂は「誰もが気軽に遊べる作品を目指す」ことを目標に、恋愛ゲームではなくアドベンチャーゲームとして本作の企画が進められた。

    恋愛ゲームを最初に提案した理由について、企画した任天堂の女性社員は「コーエーテクモの恋愛ゲームに感動したから」と述べた。

    ソース:週刊ファミ通 2021年4月8日号

    41E26872-030E-4817-BB5F-24BDAFAEFB50

    市場調査会社NPDによると、Wii U / Switchの『マリオカート8』の合計売上が、『マリオカートWii』を越え、米国史上最も売れたレースゲームとなった。

    CC0FDC95-FF20-4FF6-8C6F-7F7E97E6FF0E


    2021年4月13日(現地時間)、世界SF大会を開催するDisCon IIIが「ヒューゴー賞」の最終候補を発表。2021年8月に開催予定の第79回から新設される(ただし、現状では1回のみの予定となる)ゲーム賞候補6作品も公開されました。

    このヒューゴー賞とは、SFやファンタジー作品を対象とする賞レース。長編小説、短編小説といった小説部門のほか、映像部門や編集者部門など全部で18部門の表彰が行われます。

     ヒューゴー賞には「その年の委員会が独自に新しい賞部門を設けられる」というルールがあり、新型コロナの影響で委員会メンバーがゲームをする機会が増えたということで、ゲーム部門創設に至ったそうです。そうした事情もあり、現状では冒頭で紹介したように、ゲーム部門は今年だけとなる予定とのこと。

    さて、今回発表されたゲーム賞最終候補は以下の6作品です。

    ・あつまれ どうぶつの森(任天堂)

     ・FINAL FANTASY VII REMAKE(スクウェア・エニックス)

    ・Blaseball(The Game Band)

    ・Hades(Supergiant Games)

    ・The Last of Us Part II(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

    ・Spiritfarer(Thunder Lotus Games)

    国内メーカーからは、コロナ禍による需要なども相まって、爆発的なヒットを記録した「あつ森」と、往年の名作を満を持してフルリメイクした「FF7リメイク」の2本がノミネート。

    「ヒューゴー賞」はSF・ファンタジー作品が対象なので、「あつ森」の名前が挙がっているのはいささか疑問がありますが、動物たちが暮らす世界が舞台なので「ファンタジー」というくくりなのかもしれません。

    その他の最終候補は、野球賭博をテーマにした不条理な野球シミレーション「Blaseball」。今年6月にはswitch版も配信されるギリシャ神話の世界が舞台のローグライクアクション「Hades」。思いもよらぬストーリーで賛否両論となった「The Last of Us Part II」や、死者の魂を次の世界に送るマネジメントゲーム「Spiritfarer」というラインアップです。

    このうち、「Blaseball」「Hades」「Spiritfarer」は、第56回ネビュラ賞(アメリカSFファンタジー作家協会主催のSF・ファンタージ作品を表彰するアワード)のゲームライティング部門にもノミネートされている作品。いずれも独特の世界観やストーリー、ゲーム性が高く評価されており、権威ある2つのアワードのダブル受賞もあるかもしれません。

    受賞作品の発表は、今年8月開催予定の第79回世界SF大会で行われます。果たしてどの作品が受賞するのか、ゲームファンのみならず、SFやファンタジー作品ファンは今から注目です。
     
    引用:engadget 


    00C748F6-AFCB-4811-B0AC-29997AB65E0E

    米任天堂は4月15日、「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」公式サイトを削除した。

    なお、日本の公式サイトは現時点で削除されていない。

    ソース:https://twitter.com/akfamilyhome/status/1382642859828862977?s=21

    E306DDDE-575A-4842-8A9A-A9EBE677FF14

    ポケモンGOが、4月30日発売のニンテンドースイッチ『Newポケモンスナップ』記念イベントを開催します。

    期間は発売前日の4月29日から5月2日まで。イベント中はゲームの舞台「レンティル地方」にちなんだポケモンが野生やレイドで多く出現するほか、「えかきポケモン」ドーブルの色違いが初登場。

    色違いドーブルはイベント期間中限定のため、逃すと次はいつになるか分かりません。

    7EB703B1-1A75-4361-9D49-E704BE61319F
     

    ポケモンGO『Newポケモンスナップ』発売記念イベント 概要(2021年4月)

    期間

    2021年4月29日(木)10時 ~ 5月2日(日)20時

    内容

    野生でハスボー、サボネア、コアルヒーなど、ゲームの舞台レンティル地方にちなんだポケモンが多く出現

    GOスナップショットでドーブルが通常より多く出現。低確率で色違い。

    色違いドーブルの出現はイベント期間限定。将来の再出現は別のイベント待ち

    レイドでシャワーズ、メガニウム、ナックラーなどレンティル地方にちなんだポケモンが出現

     限定フィールドリサーチやタイムチャレンジ。スナップショット撮影がテーマ

    カメラのアバターアイテム、ステッカーがショップに入荷。新ステッカーはポケストップからもドロップ

     ポケモンGOの色違いポケモンは通常、イベント等にあわせて解禁されたあとは、期間が終了しても一定の確率で出現する仕様ですが、メルタンやアンノーン、一部の伝説など、特定の期間にしか色違いが出ないポケモンも存在します。今回のイベント告知で、ドーブルもこの期間限定の色違い組になることが分かりました。

    ドーブルはGOスナップショットへの映り込み後にマップ上で捕獲可能になる特殊な出現方法のため、イベント中にどの程度の試行回数が稼げるのかも現時点では不明。タイムチャレンジやリサーチの確定報酬に設定されていないのであれば、29日から5月2日は4日間の運試しになります。

     

    『Newポケモンスナップ』は、1999年のニンテンドウ64ゲーム『ポケモンスナップ』をNintendo Switch用にリメイクした完全新作。

    プレーヤーは「レンティル地方」に生息するポケモンの生態を調査するため、カメラを携えて調査ポッドに乗り込みます。

    ゲームはプレーヤーの主観視点で、カメラを向けてポケモンを撮ることで進行する仕組み。調査ポッドは決められたコースを辿りますが、同じコースでも見上げたり振り向いたり、特定の場所に注目したり、アイテムを使って干渉すれば、新しいポケモンや珍しいポケモン、めったに観られない生態を観察することが可能です。


    調査を進め、レンティル地方でだけ発生する不思議な現象や伝説のポケモンを追いつつ、自分だけのフォト図鑑を作ることがゲームの目的。

    カメラはスティック操作でも狙えますが、ニンテンドースイッチはジャイロセンサを備えるため、本体をカメラのように構えて激写できるのが今作の楽しいところ。

    撮った写真は加工したりSNSへシェアもできるため、前作を楽しんだ思い出がある人はもちろん、ポケモンGOでAR写真やポケモン撮影の楽しさに目覚めたかたにもおすすめです。

    引用:engadget

     

    A5F384B4-61BB-463C-9E2C-9749F2C9B1D2

    アメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くthatgamecompanyは、2020年12月に発表したソーシャルアドベンチャーゲーム『Sky 星を紡ぐ子どもたち』のNintendo Switch版を6月に配信すると発表した。本作は基本無料(アプリ内課金あり)で楽しめる。

     また、発表によれば、先行配信されているiOS版およびAndroid版とのクロスプレイ対応も予定されているようだ。




     『Sky 星を紡ぐ子どもたち』は、2019年にiOSで発売されたアドベンチャーゲーム。

    『風ノ旅ビト』や『Flowery』など、PlayStation向けのアドベンチャーゲームを手がけてきたthatgamecompanyが開発した作品である。

    本作の正式ジャンル名は「ソーシャルアドベンチャー」で、感情を伝えるエモートや楽器の演奏など、言語を頼らないプレイヤー同士の交流・協力に重点が置かれている。

     作中ではプレイヤーたちが空を飛び回り、落ちてしまった星のかけらを探しながら7つの地方を旅する。

    また、本作では定期的に季節のイベントやミニイベントが開催中。4月5日(月)からは放棄されたツリーハウスを再建するイベント「大樹に集う季節」が実施されているので、興味があればチェックしてみてほしい。



    引用:電ファミニコゲーマー


    2FE00D84-ED9B-4845-B68E-AF5474782BB7

     4月30日(金)に発売を予定しているNintendo Switchソフト『New ポケモンスナップ』。発表時にはTwitterでトレンド1位になるなど、かなり注目されている本作の事前試遊会がメディア向けに開催された。本記事では前作にあたる『ポケモンスナップ』を振り返りながら、今回の事前試遊会で完全新作の『New ポケモンスナップ』を先行プレイした感想をお伝えしていく。

    『ポケモンスナップ』といえば…忘れられない名作64版をサラッとおさらい

     『New ポケモンスナップ』の先行プレイレポートの前に、せっかくなので前作について振り返りたいと思う。

    22F8F9C3-48C2-4AB7-9823-C43A27722F9A
     (懐かしのタイトル画面 Nintendo公式サイトより引用)

    前作の『ポケモンスナップ』は1999年に発売されたNINTENDO64ソフトで(Wii Uのバーチャルコンソールでも配信中)、幼少期の思い出として鮮明に覚えている人も多いだろう。当時では珍しい「写真を撮る」という一見シンプルなゲーム性ながら、食べ物やイヤイヤボールといったどうぐで、ポケモンたちと触れ合いながら様々なシチュエーションを引き出し、オーキド博士の写真評価で高得点を狙うなどとても奥深さがあった。

    F7E2A878-2362-4C79-8003-046519F7638D

    (マルマインに乗るピカチュウ Nintendo公式サイトより引用)

    また、今までドット絵として描かれていたポケモンたちが立体で表現され、「どうくつ」「かざん」「けいこく」などといった大自然の中で生き生きと過ごしている姿を見て当時は感動を覚えた。コイキングを滝に飛び込ませたらギャラドスに進化したり、リザードを噴火口に落としてリザードンに進化させたり、特殊な条件で伝説のポケモン・フリーザーに乗ったピカチュウが登場したり各々思い出はたくさんあるのではないだろうか。

    C9F34BF0-534A-49B6-9035-5A13CB840BC5
     (ポケモンのしるしを集めると出会える幻のポケモン・ミュウ Nintendo公式サイトより引用)

    その後『ポケットモンスター サン・ムーン』にて、野生のポケモンを撮影できる「ポケファインダー」という少し似た要素はあったものの、それ以降は特に続編などの情報は一切なく沈黙を保っていた。そして、ついに昨年2020年6月17日に開発されていることが発表され、今年2021年4月30日に22年の歳月を経て新作が発売されることとなったのである。

    『New ポケモンスナップ』先行プレイで感じた4つのこと

     それでは64版世代の筆者が、『New ポケモンスナップ』の先行プレイで感じたことを大きく“4つ”にわけてレポートしていく。

    4D2DF8F6-2E9A-414B-9E32-CA674BF78AF0
     1. “良い意味”で「不変の面白さ」がある

     最初にプレイして感じたのは“良い意味”で「変わらない」という点である。乗り物(ネオワン号)に乗って決められたルートを自動で移動しながら撮影をしていくというところ、ふわりんごといったどうぐでポケモンと触れ合いながら様々なシチュエーションを探し出すところは、懐かしさとともに変わらないことへの安心感があった。やはり前作をベースとして開発されていることもあり、このゲームの不変且つ楽しさの本質はちゃんと残されていた。

    9E257EC2-4B3B-43E4-AC3E-33C5257691A9
    (ふわりんごに反応するピカチュウ。ちなみに尻尾がハート型なのでメス)
    DF099B9F-C943-416F-A7BA-67005E7CCC7C

    (滝の前で大きく飛び跳ねるコイキング。本作でも進化はするのだろうか)

    ただ、全く変わっていないというわけではない。ルートは完全な一本道ではなく、隠された道を暴くことで、今まで行けなかった場所に進むことができるようになるといった要素もあるという。
     

    6EB71949-E77B-4DF6-A12F-E7FE03DF64AC

    (もしかしたらこんなところも行けるようになるのかも?)

    また、エリアによっては昼と夜といった異なる時間帯を楽しむことが可能。例えば昼は元気だったポケモンが寝ている一方で、夜行性のポケモンが活発になっていたりする。そういった普段あまり見ることのできないポケモンたちの“暮らし”を感じられるので、同じエリアでも飽きずに違った楽しみ方ができた。
     

    7D8C1A1A-4887-4BFD-8E83-390F52607FF7
    (昼にピカチュウがいた場所も、夜になると違うポケモンがいたりする)
     
    9998F3F5-5FE1-4D51-96C7-541DEDD7C21C

    (湖でスヤスヤと眠るビッパ。昼間とは違い静かな時間が流れている)

    2. 新要素でプレイが快適 & 楽しい

     『New ポケモンスナップ』では「サーチ」という新機能が追加されている。この機能は周囲に隠れているポケモンなどを調査できる機能で、前作ではカメラをいろんな方向に向け隠し要素がないか隅々まで探していたわけだが、サーチ機能を使うことである程度簡単に見つけ出すことができた。

    D594F367-6123-4147-96E9-0C192114AEFB
    (イルミナオーブに触れ光を放つレパルダス)
    CA1F67FF-C90D-4E58-9FB9-35458BE03DE5
     (光を放つクリスタフラワー。島ごとに異なる形状をしている)

    「イルミナ現象」を起こすことで一体何が起こるのか。これ以上はネタバレになるので言えないが自分の目で確かめていただきたい。

    70D47BF0-88EC-4FDC-8C9C-5D0903C5780E
     (イルミナオーブにより光を放つクリスタフラワー。隣にいるオクタンの様子に変化が…)

    3. 「やり込み要素」がかなり深そう 

     本作は「自分だけのポケモンフォト図鑑を作りあげよう!」というのが目的のゲーム。そのため、自分の好きなように写真を撮ればいいのだが、当然採点要素も忘れてはいけない。そして、今回の採点要素は“2軸”で構成されているようだ。

    まず1つ目の採点要素は「星の数」という評価軸。評価は星1〜星4で「ポケモンの行動の珍しさ」という基準で判断される。

    52EA6072-DF71-4D27-830B-D059FEEC331E
     (申し訳ないが寝ていたコイキングを起こして激写。星2評価となった)

    2つ目の採点要素は「スコア」という評価軸。こちらはポーズや大きさ、向きや位置といった要素が評価基準となっているようで、合計スコアによって、星の色が「銅」「銀」「金」「ダイヤモンド」の4段階(右に行くほど高評価)に分類されている。
     

    70913F28-4C4E-4C1E-A54A-19CA0999D3A5

    (両方星1だが星の色が違うショット。右の写真は画角が良かったのかスコアも倍近くになっている)

    つまり図鑑を完全に極めるには、星1のダイヤモンドから星4のダイヤモンドまで、ポケモンごとに4枚撮らなければならないのである。星4というレアシチュエーションを探すだけでも難しかったが、ダイヤ色の評価も目指すとなると相当やり込みが必要に感じた。さらに今回出会えるポケモンは200匹以上と公式に記載されているので、かなり長く遊べる予感がする。

    4. 悩みすぎて時間が溶ける「写真加工」

     ひたすら高評価の写真を追い求めるプレイスタイルもあるが、自分なりの面白おかしい写真を撮るという遊び方も存在。今回は撮影した写真を加工することが可能なので、さらにオリジナリティーを出すことができる。ズームや回転、明るさ、焦点位置の変更といった基本的な調整はもちろん、「フィルタ」「スタンプ」「フレーム」といった写真加工が可能。表現方法は無限大のため、どういうコンセプトにしようかなど悩んでいる間にあっという間に試遊時間が終わってしまった…。
     

    28F60612-E7BC-4CD7-A548-7582FA5F3825
    50FA0DC6-5AE8-4D43-AA47-7C46C579856D

    (スタンプを駆使し、ポケモンたちの感情やストーリー性を引き出すことも可能)

     以上、長々とした先行プレイの感想だったが、「とにかく早くプレイしたい」というのが率直な感想である。64版で時が止まっていた『ポケモンスナップ』だが、Nintendo Switchというハードの進化もあり、さらに生き生きと映し出されたポケモンたちの姿は写真を撮らずただボーッと眺めていてもかなり癒された。
    発売まであと僅か。64版で遊んだ方も、これから新しく始める方も思う存分ポケモンの世界を堪能できる『New ポケモンスナップ』の発売を楽しみに待ちたいと思う。


    ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
    ©1999 Nintendo/HAL Laboratory, Inc.
    Developed by BANDAI NAMCO Studios Inc.
    ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
    Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。※ 画面は開発中のものです。

     引用:livedoor

    BE778745-18DB-443A-9455-B8FD658EA62A

    Shinesparkersによると、『メトロイドプライム4』の開発会社であるレトロスタジオが新たに照明・環境アーティストを採用したことが分かった。

    今回採用された人物は、ディズニー映画の「モアナと伝説の海」や「ズートピア」、ソニーの『ゴッド・オブ・ウォー』等のプロジェクトに参加した経歴がある。

    2019年からレトロスタジオは数多くのベテラン開発者を採用しており、今回新たに1人加わった。約10年ぶりのシリーズ最新作『メトロイドプライム4』に注目が集まっている。

    ソース
    https://shinesparkers.net/chad-orr-dreamworks-joins-retro-studios-as-a-lighting-artist/






    B985E8F0-EE30-4591-98FC-B6250A4DF73A

    任天堂の古川俊太郎社長は4月4日、日本経済新聞に対して「世界的な半導体不足」について言及した。

    古川社長は「スイッチ向けの半導体は当面の生産分に必要な部材が確保できている」と話す。

    一方、年明け以降については「今後に一部の小売店で品薄になる可能性がある。場合によっては受注分を用意できない可能性もある」と述べた。

    0DAEF924-D774-493A-9869-9ACB8A6FBA81

    *2021.4.13更新:『ファイアーエムブレム』のリメイク作品について、リークした本人の証言により、事実ではなかったことが分かりました。


    任天堂が『FE 蒼炎の軌跡』と『FE 暁の女神』のリメイク作品を発売する計画があることが判明した。

    情報源は『FE 風花雪月』をリークした人物であり、今回のリメイク作品は2020年に発売する見通しだったものの、新型コロナの影響でやむなく延期されたという。

    なお、『蒼炎の軌跡』は2005年にゲームキューブで、『暁の女神』は2007年にWiiで発売されている。


    ソース
    https://www.reddit.com/r/GamingLeaksAndRumours/comments/modh0r/a_reddit_user_that_leaked_info_about_fire_emblem/?utm_source=share&utm_medium=ios_app&utm_name=iossmf

    E6B4A48F-B4C6-4AAE-8568-F1A96424D634

    海外投稿サイトRedditの有名リーカーであるシュプリーム・バム氏は4月10日、「モノリスソフトの新作タイトルが今年中に発表される」とのリークを投稿した。


    Reddit
    https://www.reddit.com/r/GamingLeaksAndRumours/comments/mnojkf/resetera_thugstas_doubles_down_on_nso_updates_and/?utm_source=share&utm_medium=ios_app&utm_name=iossmf

    B20C3829-7103-495E-A463-AFDE5304C9D1

    「XboxEra」コミュニティの設立者であるShpeshal Ed氏は4月10日、「任天堂とXboxの秘密が明らかになった」という内容のツイートを公開した。

    ツイートによると、任天堂とXboxの共同プロジェクトが今秋に発表されることが分かった。


    Shpeshal Ed氏のツイッター
    https://twitter.com/shpeshal_ed/status/1380691678072238080?s=21

    E54096D4-5167-4902-B01E-6A161857DCB8

    米任天堂のダグ・バウザー社長は4月8日、E3期間中に「ニンテンドーダイレクト」を放送することを発表した。


    https://twitter.com/thetruebowser/status/1379817725938130947?s=21

    このページのトップヘ